毎日の乳酸菌摂取で病気予防

乳酸菌と酵素の関係性

乳酸菌も酵素も体に良いものだけど、具体的にどういうものかはよく分からないという方多いのではないでしょうか? そもそも、乳酸菌と酵素はどう違うのでしょうか?

簡単にいえば、乳酸菌は生物で、酵素は物質になります。
もう少し詳しく説明すると、乳酸菌は腸内環境を整える善玉菌の一種。
酵素は、触媒の一種です。
食べ物の消化、栄養の吸収や循環など、生命活動を維持させるために色々な活動を行っています。

このように乳酸菌と酵素は種類が違うのですが、共通の効果があります。
整腸作用、便秘解消、免疫力アップ効果などです。
乳酸菌も酵素も、生きていく上で必要不可欠な存在。
しかし、どちらも年齢とともに、体内での生産量が減少してしまいます。
ですから、健康な方でも意識してこの二つを摂っていく必要があるのです。

乳酸菌と酵素を同時に摂ることで、相乗効果によってより健康効果を実感することができます。
乳酸菌と酵素を同時に摂る方法でオススメなのが、サプリです。
乳酸菌と酵素が配合されたサプリなら、手軽に飲めるのでとても便利。

乳酸菌も酵素も体内で消費されるものなので、毎日摂り続けなければいけません。
継続して摂れる方法、ストレスなく摂れる方法を見つけてみてくださいね。

乳酸菌と酵素を摂ることで得られる最大の効果は整腸作用です。
整腸作用は便秘を解消するだけ、と思われがちですが、腸は第二の脳といわれるほど大事な器官です。
腸が健康になることで、全身が健康になれます。
腸が整って老廃物が排出されると、血液にのって栄養や酸素が各器官に運ばれるようになるので、肌トラブルを改善したり、抜け毛や薄毛などの髪トラブルも改善することができるのです。
また、免疫細胞が活性化されるので、アレルギー症状を緩和できたりがんを予防することもできます。

乳酸菌を摂ったことがあるけど健康効果を実感できなかったという方は、ぜひ酵素と一緒に摂ってみてくださいね。
乳酸菌と酵素の相互作用のおかげで、健康を維持させることができますよ。

ページのトップへ戻る